株式会社 北都銀行

​住所:秋田県秋田市中通三丁目1番41号

​業種:銀行業

社員数:1,488名

HP:http://www.hokutobank.co.jp/

第4回(2018年度第1回)取材記事
新端末導入によりテレワークでできる業務が拡大する

2017年4月から、「働き方改革」の一環としてテレワーク制度を導入した北都銀行。モットーは「できることから始めよう」。新たな端末の整備を進め、テレワークで可能な業務の拡大を予定しています。今年度のテレワーク活用計画などをお聞きしました。

●これまでのタブレット端末貸与から、各支店や本部に新端末を配布へと変化(佐藤さん)

人事部 佐藤千穂子さん

――セキュリティを確保したモバイルパソコンを導入されたのですね。

 

会社にいるときと同じ作業環境を得られるモバイルパソコンを5月に一定数導入することができました。これまでテレワークはタブレット端末を貸与したうえで、行内イントラネット上での人事考課などの業務が主体となっていましたが、これからはできることが広がります。ハード面は徐々に整ってきていますので、今後のテレワークでの業務範囲の整理や拡大についていろいろと検討している段階です。

 

――どのぐらいの数の端末を配布したのですか?

 

新端末は各支店に1台以上と本部各部に一定数を配布しました。現在テレワークを利用できるのは管理職のみですが、今後は業務の拡大とともに対象者の拡大を図りたいと考えています。

最終的には全従業員が使えるようになることが目標です。

昨年の利用者数は、管理職200数十名で1割弱の20名程でしたが、対象業務が拡大すれば特に本部はテレワークでできる業務が多くなりますので、前年度を上回る利用になればと思います。ただ、「やらされ感」ではなく、現場が主体的に行っていけるよう、意見を集めて準備をしていきます。

 

――行内の反応はいかがでしたか?

社内全体として期待感が高いです。「働き方改革」のプロジェクトチームを作り、その中の引き出しの一つとしてテレワークを進めています。「ワーク・ライフ・イノベーション」を進めていく中で、自分たちの意識や風土が変わってきていると感じています。この業務はテレワークでできるのではという議論も自然に出てきていますね。

 

テレワークの推進活動については、昨年と同じように広報誌やイントラネットを通してアピールしていきます。各部署へ配信しているビデオレターでも、テレワークの事例を引き続き紹介していく予定です。

――これまでの取り組みにおいて出てきた課題に対して、今年度はどんな解決策を予定していますか?

課題はこれまでテレワークで可能な業務が限られていたことと、従業員のテレワークへの意識醸成を図ることです。そこを拡大する下地は整いつつあります。本部ではテレワークができても、支店は難しいと思っている従業員も多いです。今後は、支店でもテレワーク可能な業務をデータとして蓄積し実行に移していきたいです。もちろん、テレワーク導入でお客様対応がおろそかにならないよう留意していきます。

 

また、働き方改革を進める最大の目的は生き方改革です。今の働き方に慣れていると、新しい働き方にチャレンジするのは抵抗感があると思いますので、テレワークの意義や効果を、事例などを交えながら引き続き啓蒙していきたいと思っています。

●残業して行っていた人事考課。昨年のテレワーク経験をふまえて今年はより効率的に(高田さん)

実際にテレワークを利用した管理職のお一人にお話をうかがいました。

明田支店支店長 高田潤さん

――これまでのテレワーク利用についてお聞かせください。

 

昨年の4月、主に人事考課を行うために初めてテレワークを利用しました。その際は別の支店で副支店長を務めていました。そして支店長となった今年、4月に再び人事考課業務でテレワークをしました。

 

テレワークについては働き方のスタイルの一つとして気になっていました。以前、地方公共団体に派遣されていたときに、在宅ワーク支援のようなものが事業の一環としてあり、人それぞれの事情にあわせたワークスタイルがいろいろとあることを目の当たりにしていました。そこで、当行でテレワークが導入された際、経験の一つとして使いたいと思ったのです。

 

とはいえ、銀行の支店にいてテレワークをするというのはイメージがわきませんでした。

ですが、昨年の導入時、当時在籍していた支店長からの勧めがあり、自分も興味があったのでさっそくやってみました。

 

実際、人事考課は普段の業務中には行う余裕がなく、これまではほとんど残業して行ってきました。人事考課は時間がないからといって急いで済ませていいものではなく、テレワークでじっくりと取組むことにより、しっかりと部下に関心を持つことができましたし、非常に集中できました。

――実際にテレワークをしていかがでしたか?

在宅勤務中は一人で静かに仕事ができる環境にあり、支店にいるとかかってくる電話や呼び出しがないので非常にはかどりました。一方、対面で人と話をしないので、意識的に休憩をはさんだり、ちょっと身体を動かしたりしないと、一日中仕事に没頭し続けるのは難しいと思いました。また、支店の状況がつかめないので、どうしても支店に確認したいことがあるとき、連絡していいのかどうかわからず困りました。

 

そこで今年は、昨年の経験をふまえて事前準備を徹底しました。在宅勤務中できるだけ支店に連絡をしなくても良いように事前に確認しておくべきことは済ませておく、また在宅勤務で出来る業務は普段の業務では手をつけずに寄せておく、などです。その結果、支店に連絡する回数も減り、効率的に仕事ができました。

 

また、普段はできない家事ができたり、テレワークの日は残業しないので終業後にたっぷり時間があり、ゆったり過ごすことができたりというのはやはり大きなメリットです。

――これからテレワークをやってみたいという方へのアドバイスがあればお願いします。

まずやってみることが大事だと思います。迷っているならば一度体験してみることをお勧めしたいです。

 

新端末では資料作成などがテレワークでもできるようになります。どう活用するかこれから考えていきたいと思いますが、もし1~2カ月に一度といったようにテレワークの日を設けられれば、生活にメリハリがつくように感じます。

「株式会社 北都銀行」のトップページに戻る

 

厚生労働省

​テレワーク宣言応援事業

テレワーク宣言応援事業事務局 (株)テレワークマネジメント

お問合せ:テレワーク相談センター

0120-91-6479