更新情報

社会保険労務士法人SaLac(サラック)

​住所:広島県広島市中区上幟町3-24 パークビル6F

業種:学術研究、専門・技術サービス業

社員数:5名(2019年6月現在)

HP:http://www.salac.jp/

※掲載記事・動画の内容は取材当時のものです。

テレワーク宣言 
 
変化を楽しもう!テレワークで、働き方をもっと楽に、自発的に、生産的に、どこでも可能に。
​宣言者:
代表 中川 玲子

本格的にテレワークの検討を始めたのは、2018年7月に発生した西日本豪雨災害の際に交通機関が不通となり、出社できない社員がいたことがきっかけです。
また、弊社は人数の少ない会社ではありますが、様々なライフステージの社員が在籍しています。少数精鋭の中で日々業務にあたっていますので、出産、育児、介護などを理由に貴重な人財がやむを得ず退職をすることは大変残念なことです。
社員が安心して働き続けることができ、自分に合った環境で最良のパフォーマンスを発揮するための一つの選択肢としてテレワークを推進します。
現在は月に1~2回程度、各社員が業務に支障がないことを前提に、好きなタイミングでテレワークを実施しています。今年度中に希望する社員は週に2回程度のテレワーク実施を目指します。
また、現在は在宅ワークに限っていますが、出先や他の場所でも仕事ができる環境を整え、常時どこでも仕事ができる体制を目指します。

令和元年度第1回取材記事
自社内の制度確立だけでなく、お客様企業のサポートを目指すテレワーク

広島市に事務所を置く、社会保険労務士法人SaLac(サラック)。今年度からテレワークのトライアルを始めました。「まずは実際にテレワークを行って課題を洗い出していく」方針で、少しずつ体験事例を積み重ねています。テレワーク導入のきっかけや、これまでのトライアルの様子などをうかがいました。

続きを読む>>

令和元年度第2回取材記事
できることから取り組み、テレワークが働き方の1つとして浸透

今年度、所定労働時間内での在宅勤務からテレワークをスタートした社会保険労務士法人SaLac(サラック)。地元・広島県のお客様企業へテレワーク導入支援ができるよう、自社でさまざまな事例を積み重ねています。今年度の取り組み状況についてうかがいました。

続きを読む>>

令和元年度テレワーク導入事例動画~社会保険労務士法人SaLac(サラック)

テレワーク事例動画(約3分)。

 
2020年度の取組と2021年度に向けて~社会保険労務士法人SaLac(サラック)

●2020年度の取組概要(特にコロナ禍の中での実施)

以前はテレワーク用のUSB型リモートアクセスツールは1台しか所有していませんでしたので、1日にテレワークできるのが1人まででした。ですが、コロナ禍で同時に複数人がテレワークをする必要性が出てまいりました。そのため、USB型リモートアクセスツールを追加購入し、現在では最大で4人同時にテレワークができるようにしています。

また、書類を使っていた業務の多くをペーパーレス化するために新たなシステムを導入し、紙の資料もデータ化して管理するようになりました。以前は月に数千枚の印刷をしていましたが、その多くが削減できている状況です。これにより、社外からでもデータ化された資料を確認することができ、テレワークができないように思われていた業務もテレワーク可能になっています。

テレワークが続くと社員同士のコミュニケーション不足に陥りがちになります。その対策として、朝、Web会議を数分行い、その日の予定を報告するようにしています。短い時間ではありますが、1日1回は顔を見て直接話すことで、家にいたとしても社内の雰囲気を感じることができますし、仕事へのモチベーションアップにもつながっています。

●2021年度のテレワーク活用・拡大予定

現在弊社の問題点は、テレワーク中の「電話対応」と「業務の進捗などの情報共有」です。

1つ目の「電話対応」について、現状テレワーク中は個人携帯での対応となっており、業務で個人携帯を使うことへの金銭的負担や、番号非通知で通話するなどの手間が課題となっています。これらの課題を解決するために、新たなシステムの導入や電話機器の変更を検討しています。

2つ目の「業務の進捗などの情報共有」について、Web会議だけでは把握しきれない業務の詳細な進捗状況を簡単に共有できる新たなシステムの導入を予定しています。

これらの課題を解決することで、テレワーク中でもお客様をお待たせせずにスムーズな対応が可能となり、弊社のサービス品質向上を目指すことができます。