更新情報

就労継続支援多機能型事業所 しまんと創庫

​住所:高知県高岡郡四万十町神の西1229-2

業種:医療福祉

社員数:職員9名 A型利用者3名、B型利用者30名(内在宅利用者10名)(2020年9月現在)

HP:https://shimanto-soko.com/

※掲載記事は取材当時のものです。

テレワーク宣言 
 
「働きたい」障がい者の方の夢を、テレワークという働き方を通じて支援します!
宣言者:
管理者 中平 多貴子

高知県の四万十川のほとりで、A型B型を併用した障がい者就労継続支援事業所を運営しています。高知県の「在宅就業支援体制構築モデル事業」をきっかけに、障がい者の「働きたい」思いをテレワークという働き方で実現するために、2018年10月から在宅テレワークによる障がい者の利用受け入れを開始しました。障がいや病気による制限で通勤が困難なために就労をあきらめていた「ほんとうは働きたい・・・」と思っている障がい者の人たちに、テレワークという働き方を通じて働く喜びとともにある人生を送っていただきたい、というのが私たちの願いです。


これまで、4名の利用者が東京や福岡の企業にテレワーク就労しました。働く場所を問わないテレワークの利点を生かして、就職先の選択肢を全国に広げ、今年度はさらに3名の就労を目指しています。今後も毎年3名の就労者を出していくために、基本的なスキル訓練だけでなく、「働く準備」(心構えやビジネスマナーなど)の訓練にも力を入れていきます。


在宅テレワーク利用者の受け入れ範囲を、高知県内全域に広げるだけでなく、地元に同様なサービスがない県外からの利用者の受け入れについても模索していきます。


また、昨年、在宅テレワーク利用者向けの指導員1名を県外から在宅テレワーク雇用した結果、サポート面での強化につながったため、今後テレワーク雇用による職員増員として、広く全国から募集する計画もあります。


これまで、地域の支援機関や特別支援学校などに、テレワークという働き方を伝える地道な活動をしてきましたが、本事業を通じて、弊所の取り組みが広く周知されることによって、より理解と認識が深まることを期待しています。


そして、テレワークを導入する障がい者の就労支援機関が増え、それにより、働きたい希望を持っている障がい者が働ける社会づくりへの大きな一歩になることを願っています。