更新情報

株式会社バンテック

​住所:神奈川県川崎市川崎区日進町1-14 キューブ川崎

業種:物流業

社員数:461名

HP:https://www.vantec-gl.com/japanese/

テレワーク宣言 
 
場所に縛られない働き方へ・運輸業のテレワーク
​宣言者:
代表取締役社長 児玉 幸信

バンテックでは今年度、グループ会社も含めてテレワーク制度の本格導入を行います。

テレワーク導入の最初のステップとして、在宅勤務導入の声が大きくなったのは、約2年前。まずは育児や介護で時間に制限のある従業員を対象に在宅勤務を解禁し、徐々にその対象を広げて参りました。

今年度からは、本格的に制度を導入し、育児中・介護中ではない社員でも、自由に働く場所を選べる環境を整えています。

オフィスではない別の場所で仕事をすることで、心に余裕を持ち、気持ちもリフレッシュして新たなアイデアが生まれることを期待しています。

今年のテレワーク・デイズには、約120名が参加。ここまで多くの人が一日にテレワークすることは当社では初めてですし、テレワークするのはこの日が初めて、という社員も多数いました。7/24を境に、更にテレワークの活用が加速すると思っています。

当社では、テレワークと同時に働き方改革を進めており、まず手始めに本社の一部門にて、席のフリーアドレス化を行いました。席を固定化しないことで、新たなコミュニケーションが生まれています。テレワークでも、孤立化しないようなツール (チャット・会議ツール、電話、社内SNSなど) を活用し、オフィスにいるのと変わらない環境の提供と整備を進めています。

物流企業ですので、運転や倉庫作業など、現場での業務もたくさんあります。ですので、いかに現場部門にテレワークに代わる制度を取り入れていくか、がこれからの課題です。テレワークから生まれるアイデアで、この課題が解決されることを確信しています。

第1回(2018年度第1回)取材記事
物流企業がチャレンジするテレワーク

育児・介護中の社員を対象とした在宅勤務制度からスタートし、さまざまな検討を経て、2018年度にテレワーク制度を本格導入するバンテック。物流企業がどうテレワークを社内に浸透していこうとしているのかをうかがいました。

続きを読む>>

第2回(2018年度第2回)取材記事
テレワークを本格導入した今年度を振り返って

川崎本社でのトライアルを経て、2018年10月からテレワークを全社規模で導入したバンテック。今年度の取り組みを振り返っていただきながら、現在の課題と今後の利用拡大に関してお話をうかがいました。

続きを読む>>

 
2018年度テレワーク導入事例動画~株式会社バンテック

テレワーク事例動画(約3分)。

厚生労働省

​テレワーク宣言応援事業

テレワーク宣言応援事業事務局 (株)テレワークマネジメント

お問合せ:テレワーク相談センター

0120-91-6479